さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2007年09月23日

久能寺観音道

  久能寺観音道(静岡市清水区有東坂~村松鉄舟寺~駒越西二丁目)
 久能寺観音道は鉄舟寺が久能寺と呼ばれた頃からの参道である。旧東海道からの起点は、静岡鉄道「狐ヶ崎」駅前、上原大池の東側の細い道であり、細い道と池の間には「久能寺観音道」の石塔(k-1)がある。石塔は細い道脇にあった物を西10mに移動したのである。石塔東側の細い道を南進する。西方が日本平丘陵で、東方が海に向かって開けた平野であり、この道が丘と平野の境目に沿って南進することが分かる。 起点より500m南、道の西側斜面、有東坂に「誓願寺」(k-2)がある。さらに南へ250m、「白髭神社」(k-3)、その西150mに「りょう厳院」(k-4)がある。ここから南へ直接行ける旧道らしきは無い。なお「誓願寺」と「白髭神社」の中間点で東へ行く道を通り、広い駒越通りに出る直前に「庚申堂」(今泉1区自治会) (k-2-1)がある。05年辺りまで茅葺屋根だったが金属製になった。
南へ300~400mの船越町に「玉泉寺」(k-5)、その東200mに「子安地蔵・厄除薬師堂」(k-6)が道端にある。玉泉寺の南200m山際に「伊勢神明宮」(k-7)がある。南下してすぐ船越堤公園の婦池・夫池がある。さらに南下し東に船越小へ行く通りを渡り山際を進むと、「伊勢神明社」(k-8)があり、かつてこの矢部の地を支配した矢部氏との関連が指摘される社で、館跡ともいわれる。矢部氏は梶原一族との戦いにも参加している。火葬場への通りを渡り、山際を進むと「大日如来堂」(k-9)の分岐がある。大日如来堂付近には石塔類がある。昔はこの堂前に道があったのかもしれない。この付近の広い駒越通りに出る直前に「東海寺」 (k-9-1)がある。山際を進めなくなり住宅地を進むと「能満寺」(k-10)が見つかる。墓地の上の裏山には「七面山」(k-11)があるし、付近には「八坂神社」(k-12)も見える。おそらく旧道は山際付近をかつては通っていたのだろうが、かなり消滅している。ただその痕跡らしきが諸所見つかる。 
ここからは旧道らしきがなく今の駒越へ行く広く交通量の多い車道に出て進む。妙音寺バス停を過ぎる。多分昔寺があったはずだが痕跡もない。この辺りで「言いなり地蔵」(k-13)、「徳富蘇峰の碑・杉原山」(k-14)の標識が西の山に向かって矢印をしている。山の先端部に地蔵、その北に杉原山入り口、その西隣に「虚空蔵堂」(k-15)がある。「言いなり地蔵」は何でも願い事をかなえることの説明板が掲示されている。この南先は一本西に旧道があり、すぐに「鉄舟寺」(k-16)が見えて終点である。ここがかつての安部七観音、久能寺であり、かつては久能山にあったのだが、武田氏が移転させた。寺の裏山から日本平を経て平沢寺に行けた道が、かつてはハイキングコースとして残っていたが、今は断線した。コースは日本平スタジアム近辺のミカン畑で消滅しているが他の部分は残っている。
 鉄舟寺からさらに南下し久能山に行く道がある。いったん山門をくぐり「水子地蔵堂」を横目に駒越通りで南下し100mでやや上り勾配の細い道に入る。100mで「龍華寺」である。見事な庭、天然記念物の蘇鉄、高山樗牛の墓がある。細い道を南下して日本平旧道を渡り、駒越通りに出ると、道の向かい側が「天王山神社・遺跡・公園、筆塚」で古墳である。市立清水病院を通過し清水日本平パークウェイ前に至る。かつてそこから西を見て盛り上がっている山が中世の山城跡であったが、今は住宅造成され面影がない。ここに殿がいたからここの地名が殿沢なのだ。殿沢を過ぎ迎山町に至るとすぐ、「忠霊塔公園」の丘がある。これも遺跡の跡である。この先4百mで「萬象寺」である。道は寺の門前または裏から今の久能街道に出る。なお萬象寺はもっと東の駒越中1~2丁目から移転したものだ。今の萬象寺前の広い久能街道のさらに海岸側に部分的に路地がある。これが鉄砲道と呼ばれる旧久能街道の残存部である。



   


Posted by 兵藤庄左衛門 at 22:20Comments(0)久能寺観音道